信楽焼 淡緑釉 壷
(大正時代 20世紀前半)

商品番号 1730
送料込み 5,000円

高さ 約20cm/胴径 約15.5cm
口径 約8cm/高台径 約7.4cm

経年の汚れ、窯傷がありますが良い状態です。状態は写真でご確認ください。

信楽焼は中世の六古窯の一つで、自然釉薬の掛かった大小の壺など表情豊かな作品を残しています。江戸時代になると丹波焼同様、バラエティの富んだ生活雑器を作るようになります。本品は大正時代に作られた緑釉の壺。緑釉は明治から大正時代にかけて流行しますが、他の作品のように緑釉っぽく仕上がっていません。優しい萌えた感じの緑釉陶です。形が唐の壺の形に似ているので、作者は中国陶磁器の影響を受けて本作を作ったことが想像できます。小ぶりで美しく、上品な感じがします。バラなどの洋花を生けてください。











上へ戻る     閉じる