青乳白色ガラス コンポート
(昭和時代 20世紀中頃)

商品番号 1723
送料込み 5,000円

口径 約12.5cm/高さ 約9.5cm/高台径 約8cm

目立ちませんが、ステムの根元に約2cmの窯傷があります。状態は写真でご確認ください。

コンポートは明治時代後期、「花形高付」、「菓子盛」などと呼ばれた菓子や果物を盛るモダンな器です。 西洋にはプレスガラスのコンポートが多いのですが、プレス技術のなかった日本では手吹きでコンポートを作りました。職人の技術が高いので、様々な良品が残っています。 本品は昭和40年代、復刻品として作られた青乳白色ガラスのコンポート。懐古趣味というよりも、実用的なコンポートです。涼やかな色味をしているので夏向きのコンポートです。アイスクリームやフルーツを盛ってご使用ください。













分かりづらいですが、ステムの根元に制作時にできた窯傷があります
使用していただく際に問題はありません


上へ戻る     閉じる