萩山焼 鉄絵山水文 角小皿5枚
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1697
送料込み 15,000円

口径 約9cm角/高さ 約1.8cm

個体差、口辺や角に釉薬のハゲ、1枚に約5cmの傷があります。状態は写真でご確認ください。

萩山焼は尾張藩の御用窯です。十二代藩主・徳川斉荘の天保時代に御深井や笹島焼に似た作品を作っています。本品は乾山風の四角い小皿。釉調と絵付けから萩山焼で作られたと鑑定しました。御用窯の作品らしい品があります。お殿様たちが茶席に使用したのでしょう。懐石などにご使用ください。






























上へ戻る     閉じる