瀬戸焼 染付 鉄釉 とび口徳利
(明治時代 19世紀末頃)

商品番号 1693
送料込み 8,000円

高さ 約28cm/胴径 約18cm
口辺 約5.5cm/高台径 約12cm

口辺に約1cmの直しが2ヵ所あります。ジワリと水が漏れますので、花器としてご使用する場合は養生してください。状態は写真でご確認ください。

明治時代に入ると瀬戸地方では磁器生産が中心となり、陶器の生産が減少します。そのような状況の中、陶器職人は新しい製品の開発に乗り出したようです。 本品は染付と鉄釉で作った、とび口の珍しい徳利。江戸時代の酒器は銅製のちろりが一般的だったので、それを参考に本作が作られたのでしょう。 しかし、このアイデアも広く行き渡らなっかったせいか、本作は珍品となっています。通い徳利なのに、とび口を持つ徳利はめったにありません。西洋の陶器の雰囲気があり、民芸ファンにお勧めの珍品です。


















上へ戻る     閉じる