萩焼 白釉 茶碗
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1664
送料込み 8,000円

口径 約14〜14.3cm/高さ 約8.3cm/高台径 約5.5cm
保存箱付

口辺から約3.5cmのニュウ、経年の染みや汚れがあります。状態は写真でご確認ください。

合わせ箱に「古はき」と書かれた萩焼の茶碗です。萩焼には松本萩と深川萩がありますが、本品は土質から御用窯であった松本萩で作られた茶碗だと考えられます。 薩摩焼では白薩摩が重宝されましたが、毛利藩でもこのようなシンプルな作品が貴人用の茶碗として使用されていたと考えられます。 作為のなさが、逆に美しさを際立たせています。 白釉に緑の抹茶が映えるでしょう。普段使いの茶碗としてお楽しみください。













上へ戻る     閉じる