三田焼 染付 梅文 杯洗
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1653
送料込み 7,000円

口径 約21cm/高さ 約12cm/高台径 約10.5cm

高台に使用傷がありますが、良い状態です。状態は写真でご確認ください。

三田焼は江戸時代後期、兵庫県三田市周辺に開かれた窯です。「三田焼といえば三田青磁」というように、有名な青磁作品を生産する窯として有名でした。 本品は三田焼の梅文の杯洗。青磁だけではなく、粋な染付作品も作られていたことがわかります。 このような作品は京都や上方などの料亭で使用されたのでしょう。デザートや料理を盛る食器としてお楽しみください。









上へ戻る     閉じる