丹波焼 灰釉 種壺
(江戸時代後期 1800年頃)

商品番号 1578
送料込み 9,000円

高さ 約18cm/胴径 約18cm/口辺 約10cm/高台径 約13cm

口辺や底部に使用傷があります。ニュウはありませんが、水漏れしますので、花を生ける際は落としをご使用ください。状態は写真でご確認ください。

丹波焼は兵庫県今田町周辺で生産された六古窯の一つです。丹波焼は江戸時代中期、享保時代を境にして作品の様式を大きく変容させます。本品は江戸時代後期に作られた灰釉の種壺。丹波特有の轆轤を使用して作られています。この時期、丹波焼は趣向を凝らした製品を生産したいたので、かえって、このように古風な作品は珍しい部類に入るでしょう。サイズが手頃なので、床の間に入れることができます。明るい感じの壺なので、春から初夏にかけて花器として使用できます。枝物などを入れてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる