瀬戸焼 染付 鳳凰文 銚子
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1575
送料込み 9,000円

取っ手までの高さ 約16cm/胴径 約11.5cm
口径 約6.5cm/高台径 約7.5cm
容量 約500cc

蓋の口辺に4mmと2mmのアタリ傷がありますが、全体的に良い状態です。状態は写真でご確認ください。

江戸時代、庶民は日本酒の容器として銅製の「ちろり」を使用していましたが、正式な場では漆器、銅器の銚子を使っていました。 江戸後期、外食文化が盛んになり、高級料亭に磁器製の酒器が登場します。本品は染付の鳳凰文を施した小さいサイズの瀬戸焼の銚子。瀬戸で磁器生産が盛んになったのは天保期です。その時期に伊万里焼とは違うタイプの銚子が作られたのでしょう。普通のサイズの銚子に比べると、数を作っていません。500cc入ります。サイズが良いので、夏の冷酒器や冷茶器としてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる