丹波焼 大壺
(江戸時代初期 17世紀前半)

商品番号 1563
送料込み 25,000円

高さ 約37cm/胴径 約35cm/口径 約13cm

口辺の大部分が直っています。胴部の約1/3に窯傷があり、水漏れしますので、枝花を活けるときは落としが必要です。状態は写真でご確認ください。

丹波焼は兵庫県今田町周辺で生産された六古窯の一つです。江戸時代初期になるとロクロ、土部や灰釉が使用され、新しい製品が作られるようになります。本品は赤土部に極小の胡麻釉が出た大壺。表面の一部が焼けていて灰色の景色になっています。歪んだ造形が、自然釉の流れがある壺とはまた違った魅力となっています。古格のある作品です。鑑賞用、インテリア、花器としてお楽しみください。














上へ戻る     閉じる