黄瀬戸 菊皿 陶片2点
(江戸時代初期 17世紀前半)

商品番号 1550
送料込み 8,000円

(大)口径 約20cm×14cm/高さ 約4.5cm
(小)口径 約13cm×10cm/高さ 約3.2cm

発掘による陶片の為、大きく割れています。状態は写真でご確認ください。

黄瀬戸は17世紀後半、安土桃山時代から焼成されるようになった焼物です。主な窯は大萱窯、大平窯周辺で制作されました。本品は17世紀初頭、大平窯で作られた菊皿。陶片ですが高台が残っており、大きさがあるので食器として使えます。大きい皿には刺身、釉薬の美しい小さい皿には酒のアテを盛ることができます。桃山時代の気風が残る陶片を使って食事をお楽しみください。




(大)





(小)





上へ戻る     閉じる