御深井焼 青磁象嵌 壺
(幕末 19世紀中頃)

商品番号 1502
送料込み 13,000円

高さ 約29.5cm/胴径 約22.5cm
口径 約11.5cm/高台径 約12cm

窯傷があり、経年のヨゴレがついていますが良い状態です。状態は写真でご確認ください。

御深井焼は17世紀後半から18世紀にかけて盛行した美濃産の灰釉陶で、ガラス質に発色し、茶道具や雑器を生産しています。本品は御深井焼の特徴である美しいガラス質の緑釉が出た壺。肩部に戦国武将の竹中半兵衛などが使用した九枚笹の家紋が白象嵌が施されています。高台内に印がありますが、印名は不明です。家紋が施されているので、注文品でしょう。インテリア、花器としてお楽しみください。










上へ戻る     閉じる