平佐焼 染付 花草文 からから
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1497
送料込み 8,000円

高さ 約15.3cm/横幅 約15cm
胴径 約12.5cm/口径 約5cm
容量 約450cc

口辺と注ぎ口に銀直し、首部の窯傷からシミが出て、高台には焦げ跡、長いカンニュウがあります。水漏れはありません。状態は写真でご確認ください。

平佐焼は18世紀中頃、薩摩藩の川内平佐に開かれた窯です。江戸時代後期になると天草地方から陶石を取り寄せて染付磁器を作りました。本品は明治時代に作られた「からから」。からからは沖縄から九州に伝わった焼酎用の酒器です。裏を見ると焦げがあるので、焼酎を囲炉裏などで温めて飲んだのでしょう。シミが出ていますが、使用しているとさらに景色が出るかもしれません。















上へ戻る     閉じる