信楽焼 四耳壺
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1481
送料込み 23,000円

高さ 約41cm/胴径 約35cm
口径 約13.5cm/高台径 約13.5cm

経年のヨゴレがつき、口辺にアタリ傷、小さな釉ハゲ、胴部にヘッコミ、窯キズがあります。水漏れがありますので花器としてご使用する際は落としをご利用ください。状態は写真でご確認ください。

信楽焼は滋賀県甲賀市信楽で生産される焼物の一つです。歴史は古く、奈良時代から屋根瓦などの陶器を生産し、日本六古窯の一つとして知られています。本品は江戸時代後期に製作された茶壷。中世の古陶とは違ったカジュアルな作品で、民芸品に近い雰囲気があります。ハーフトーンで釉薬が富士山の形に見えたり、ちょっとくびれた下部の造形、微妙な歪みがポイントとなっている景色のある壺です。枝物などを入れて、お楽しみください。











上へ戻る     閉じる