常滑焼 灰釉 船徳利
(江戸時代後期 1800年頃)

商品番号 1462
送料込み 10,000円

高さ 約28cm/胴径 約20cm
口径 約5.5cm/高台径 約15.5cm

経年のヨゴレがつき、口辺に一か所2cmの直し、高台にクッツキがあります。状態は写真でご確認ください。

常滑焼は愛知県常滑市周辺で平安時代末期から活動している六古窯の一つです。中世から近世にかけて壺や甕など、江戸時代後期になると意匠を凝らした雑器を生産しました。本品は灰釉の流れが景色となっている船徳利。一般的に常滑焼は茶褐色に仕上がるのですが、本品は黄土色のハーフトーン色をしています。色のせいか、普通の徳利よりも優しい感じがします。月見の季節、秋草を活けると映えそうです。














上へ戻る     閉じる