李朝 飴釉 ぐい呑み
(李朝時代後期 19世紀前半)

商品番号 1457
送料込み 10,000円

口径 約8cm/高さ 約4cm/高台径 約4cm

完品ですが、経年のイタミ、見込みの釉溜りにカンニュウがあります。状態は写真でご確認ください。

李朝後期、飴釉の雑器が大量に生産されました。 主な作品は面取り壺や徳利ですが、時々、あまり見かけない作品に出合うことがあります。本品のぐい呑みも、飴釉作品には珍しい作品の一つです。と、いうより、これまで本作のような作品に出合ったことがありません。本来は薬味入れとして製作されたのでしょう。見込みに釉薬が溜まり、アクセントとなっています。日本酒のぐい呑みとしてお楽しみください。










参考写真

上へ戻る     閉じる