伊万里焼 染付 葉唐草 なます皿5枚
(江戸時代中期 18世紀中頃)

商品番号 1438
送料込み 33,000円

口径 約15cm/高さ 約5cm/高台径 約9.5cm

個体差、1枚に5mのニュウがあります、状態は写真でご確認ください。

江戸時代中期以降、伊万里焼の作品は北前船に乗せられて日本列島各地の町に運ばれ、裕福な階層の食器となります。本品は宝暦様式の葉唐草文のなます皿。質の良い呉須を使用しているため発色が良く、大きな葉が口辺付近に巧みにデザインされています。このような模様の食器に料理を盛ると、染付の葉の中に料理があるように見えて映えます。春から夏は染付が活躍する季節。刺身や新鮮な野菜料理を盛ってお楽しみください。



























分かりづらいですが、1客に5mmのニュウがあります


上へ戻る     閉じる