大久保焼 染付 花漢詩文 徳利
(大正時代頃 20世紀前半)

商品番号 1433
送料込み 8,000円

高さ 約28.5cm/胴径 約18cm
口径 約5.8cm/高台径 約9.5cm

胴部にくっつきが2ヵ所あり、経年のヨゴレがついていますが、状態の良い徳利です。

大久保焼は新潟県柏崎市近郊で生産された焼物です。開窯は元禄時代頃で、鋳物鋳造の傍ら陶器を作ったと言われ、昭和14年に廃窯しています。 本品は表に草花文、裏に漢詩を描いた徳利。肩部に段があるのは、当時、流行していたさくらビール(1913年創業)の影響だと考えられます。 越後の陶工たちは最新のガラス瓶を模して作ったのでしょうか。この時期、柳宗悦の民芸運動が始まるのですが、本品はその影響を受ける以前に作られた、爽やな感じのするモダンな徳利。 これから、和風モダンな民芸と言えるこのような作品に注目するのも骨董収集の面白さです。












上へ戻る     閉じる