唐津焼 笹文 徳利
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1409
送料込み 8,000円

高さ 約26cm/胴径 約16.5cm
口径 約3.7cm/高台径 約7.8cm

口辺に2cmと4cmの直し、首部に窯キズ、経年のヨゴレがついています。

桃山時代、茶陶を作っていた唐津焼は江戸時代中期になると日常雑器を焼く窯に変容します。唐津の他、弓野(佐賀県藤津郡)や二川(福岡県三池郡)、黒牟田などで民芸調の徳利が生産されました。 本品は唐津で作られたクリーム色とグレーをかき分け笹文徳利。唐津焼では珍しい優しいハーフトーン色で手慣れた感じで描かれた笹文が軽やかな感じを出しています。民芸ファンにお勧めの一品です。














上へ戻る     閉じる