黄瀬戸 印刻鳥草文 菓子器
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1393
送料込み 7,000円

口径 約20cm/高さ 約9cm/高台径 約8cm

口辺に約1cmの2か所の金直し、5.5cmのニュウ、見込みの釉薬に使用キズがあります。状態は写真でご確認ください。

黄瀬戸は桃山時代、美濃で焼かれた作品です。当時、黄瀬戸は日本で最高の焼物と言われ、貴人たちの茶会に使用されました。 本品は明治時代に製作された黄瀬戸の釉薬に織部風の釉薬をかけた鳥草文の菓子器。見込みには薩摩焼や唐津焼の御用窯で使用された印刻文に似た模様、真ん中に額に作家の林山銘が入っています。 サイズは小振りですが、瀬戸や美濃焼の石皿を賓よく仕上げた感じの菓子器です。和菓子や和食を盛ってお楽しみください。








上へ戻る     閉じる