李朝 粉青沙器 輪線紋壺
(李朝時代初期 16世紀)

商品番号 1361
ご売約、ありがとうございました

高さ 約13cm/胴径 約16cm
口径 約9.7cm/高台径 約6cm

口辺の3分の1に共直し、発掘時の土がつき、高台や胴部に窯傷があり水が漏れます。花を生ける場合はオトシをご使用ください。状態は写真でご確認ください。

李朝時代初期はまだ高麗の影響が残っており、青磁のような色彩の陶磁器を作りました。緑がかった青磁は時代が経つにつれて青味を失い、中には黄土色の色を持つ焼物となりました。 本品もそのような青磁の一種で、日本でいうと瀬戸のような色合いとなっています。本品は黄土色の素地に白い土を象嵌した壺。形を見ると桃山時代の壺にそっくりです。 本品のような作品を作っていた陶工が日本に渡来して日本の陶磁器を発展させたのでしょう。時代を感じることのできる壺です。

















上へ戻る     閉じる