五城目焼 白釉 掛流し 蓋つき壺
(江戸時代後期 19世紀中頃)

商品番号 1350
送料込み 7,000円

蓋込みの高さ 約15cm/壺のみの高さ 約13.5cm
口径 約10cm/胴径 約14cm

経年のヨゴレがつき、窯キズ、胴部や口辺よりヒビやカンニュウがあります。水は漏れませんが、花を生ける場合はオトシの使用をお勧めします。状態は写真でご確認ください。

秋田県の焼物と言えば白岩焼が有名ですが、県内には五城目焼の他、多くの民窯があり、民芸風の作品を製作しています。 秋田県内には多くの民窯があるために、作品がどこで作られたか不明なものが多いのですが、本品は様式から五城目焼の作品ではないかと推測できます。 五城目焼は八郎潟の東にあった窯で、掛流しの作品を作っていました。民窯の名称は後世につけられたので、当時は別の名前で呼んでいたのかもしれません。 秋田県の焼物としては珍しい民芸品だと思います。


















上へ戻る     閉じる