伊万里焼 染付色絵 丸文 長皿
(江戸時代後期 19世紀前半)

商品番号 1326
送料込み 8,000円

口径 約21.3cm×11.8cm/高さ 約4.3cm

裏に窯傷からのカンニュウが約7cmありますが表には通っていません。裏側にクッツキ、金彩に極小のスレがあります。状態は写真でご確認ください。

伊万里焼の長皿の人気商品といえば、たこ唐草(18世紀)とみじん唐草(19世紀)の長皿があります。山水文の長皿も時々、見かけますが唐草文に比べると人気は今一つです。本品は伊万里焼の作品では珍しい丸文を散らした長皿。染付と色絵のバランスが巧みなグッドデザインの作品です。文化が爛熟した化成時代だからこそ、自由な発想のグッドデザインが生まれたのでしょう。普段使いの食器としてお楽しみください。










上へ戻る     閉じる