小久慈焼 白釉 徳利
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1318
送料込み 10,000円

高さ 約28cm/胴径 約17.5cm
口径 約4.6cm/高台径 約10.5cm

経年のヨゴレ、高台に一か所、カケがあります。状態は写真でご確認ください。

小久慈焼(岩手県久慈市)は1810年、熊谷甚右衛門のよって開かれ、現在でも活動している窯です。細長い口をもつシンプルな片口は日本酒ファンの間で人気があります。本品は明治時代に作られた通い徳利。全体にきめ細かい白釉、高台内に釉薬が掛けられた丁寧な作りの作品なので美しさに迫力があります。東北の美しい古民芸をお楽しみください。










上へ戻る     閉じる