九谷焼 色絵 唐草文 五寸皿 5客
(明治〜大正時代 20世紀前半)

商品番号 1312
送料込み 12,000円

口径 約15.3cm/高さ 約3.5cm/高台径 約9.2cm

ワレ、カケはありませんが、個体差、釉薬の一部がハゲ、見込みに極小の使用キズ、全体にカンニュウがあります。状態は写真でご確認ください。

九谷焼は江戸時代初期、有田周辺で作られた陶器です。19世紀に入ると石川県で九谷焼が再興され、吉田屋、松山窯などの作品が人気を博しました。本品は九谷焼の代名詞である青手や緻密な赤絵ではなく、余白を生かしたモダンな作品。余白が多い京焼に似たグッドデザインなので、料理を盛ると映えるでしょう。普段使いの食器としてお楽しみください。





























上へ戻る     閉じる