笠間焼 青首徳利(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1307
送料込み 5,000円

高さ 約26cm/胴径 約16cm
口径 約4cm/高台径 約10.8cm

胴の一部に窯キズがあります。状態は写真でご確認ください。

笠間焼は18世紀末、信楽から来た長兵衛によって開かれた窯です。19世紀に笠間藩の保護を受け発展しますが、明治時代になると民窯として活動するようになります。 民芸運動の一員・浜田庄司は益子に窯を持ちましたが、益子焼のルーツは笠間焼にあると言われています。 本品は民芸運動が起こる以前に製作された青首徳利。作家主義ではない徳利は日常雑器の美しさを持っています。今回、同時にアップした一方の青首徳利は秋山焼ですが、同じ青首徳利でも窯が異なると表情が違うのが面白いですね。










上へ戻る     閉じる