伊万里焼 染付 花文 春寒鉢5客
(江戸時代中期 18世紀後半)

商品番号 1289_imari
ご売約、ありがとうございました

口径 約15.5cm/高さ 約7cm/高台径 約7.8cm

見込みにフリモノ、口辺に窯傷、個体差、微妙なゆがみがありますが、総じて状態は良好です。状態は写真でご確認ください。

江戸時代中期、国内需要の増えた伊万里焼は北前船で各地に運ばれ、各地の富裕層の食器として使用されるようになりました。 本品もそのような時代に製作され、販売された上手の春寒鉢です。呉須の色も美しく、花柄、裏の唐草文も丁寧に描かれています。大ぶりなこのサイズの鉢は一番重宝しますが、数が少ないですので希少です。丼物やスープ、麺料理にも使用でき、料理映えするので普段使いや懐石料理などの食器としてもお楽しみください。










釉薬のかかった窯傷が口辺に一ヵ所あります

上へ戻る     閉じる