唐津・木原窯 山水文 茶碗(江戸時代中期 18世紀)

商品番号 1282
送料込み 18,000円

口径 約10.5cm/高さ 約7cm/高台径 約4.3cm

口辺に4cmから6cmの複雑なニュウが入り、経年のヨゴレがついています。状態は写真でご確認ください。

木原窯は長崎県佐世保木原町で焼かれた半陶半磁の焼き物です。初期の木原窯(地蔵平東窯 元禄時代)は唐津焼に近い作品を製作していましたが、途中から伊万里風の焼物を作るようになります。本品は木原窯が磁器生産を始める以前の18世紀の作品です。まだ武雄唐津焼の風情が残っており、落ち着いた雰囲気があります。磁器風の木原窯の作品とは違う風情の銘品。普段使いの茶碗としてお楽しみください。













上へ戻る     閉じる