織部焼 木工型 盛り鉢
(大正時代 20世紀前半)

商品番号 1248_oriebe
送料込み 25,000円

口径 約24cm×27cm/高さ 約8.3cm
保存箱付

経年の汚れ、緑釉の部分が少し銀化しています。状態は写真でご確認ください。

織部焼は桃山時代、古田織部によって創作された焼物の様式です。 江戸時代初期、織部風の焼物の政策は江戸幕府によって禁止されますが、18世紀中頃から茶人たちによって復興されました。 本品は大正時代に製作された織部焼盛り鉢。豪華なので大正時代の成金景気の時代に製作された作品だと推測できます。 高台が松ぼっくりになっているなど意匠が凝っているので当時の高級品だったと考えられます。 お菓子以外にも刺身や野菜料理を盛るとゴージャスに映えるでしょう。













上へ戻る     閉じる