会津本郷焼 緑釉掛け 石皿
(明治時代前期 19世紀中頃)

商品番号 1238
送料込み 12,000円

口径 約31cm/高さ 約6.8cm/高台径 約13.5cm

経年のヨゴレ、口辺の裏に1.2cmのアタリ傷があります。状態は写真でご確認ください。

会津本郷焼は江戸時代前期から会津本郷で焼かれた焼物です。会津本郷では1800年に磁器制作に成功、以降、磁器と陶器の雑器の併行して製作されました。 本品は民窯で焼かれた緑釉掛け石皿です。 瀬戸で焼かれたステレオタイプの石皿とは違う個性的な作品。圧倒的に残存数が少ないので希少品。実際に料理を盛って使うと楽しいでしょう。









上へ戻る     閉じる