菖蒲軸 山本大慈
(昭和時代 20世紀後半)

商品番号 1155
送料込み 13,000円

本紙サイズ 縦横 119cm×27.5cm
軸サイズ 縦横 198cm×39.5cm

経年によるヨゴレ、シミ、オレがあります。状態は写真でご確認ください。

山本大慈(1908年〜1987年、福井県生)は京都で日本画を学んだのち、院展作家の北野恒富、また同じく院展作家である小林古径に師事した日本画家です。 19歳の時、神戸に移り、花鳥画を得意とする日本画家として活躍をしました。 また、福井県では唯一人の日本美術院所属の作家で、日本美術院「甲辰会」の運営委員として後進の指導、育成にあたっています。 本品は濃絵を使って描いた菖蒲の軸。日本美術院の作家らしい、従来の伝統的な日本画とは一線を隔したモダンな日本画です。 少しシミが出ている煮が残念ですが、それでも十分に鑑賞に与える作品。これから梅雨時にかけて菖蒲の季節となります。床の間に飾ってお楽しみください。


上へ戻る     閉じる