伊万里焼 色絵 馬牡丹文 長皿2枚
(江戸時代中期 18世紀中頃)

商品番号 1137
送料込み 25,000円

口径 約21.5cm×12cm/高さ 約4cm

1枚の口辺に金直し、金彩の部分に微妙な擦れがあります。状態は写真でご確認ください。

江戸時代中期、国内需要の増えた伊万里焼は北前船で各地に運ばれ、各地の富裕層の食器として使用されるようになりました。 本品もそのような時代に製作された馬と牡丹の花をあしらった高級品です。 馬は午で正午の太陽活動の象徴、牡丹は「富貴長春」と呼ばれる富裕の花で、この長皿は豊かさが長く続くことを願って、注文主が製作させたのでしょう。 古伊万里らしい存在感のある作品です。普段使いの皿の他、懐石料理などに使うこともできます。






上へ戻る     閉じる