朝日焼 百合形 あめ釉 小鉢
(幕末〜明治時代 19世紀後半)

商品番号 1128
送料込み 9,000円

高さ 約6cm/口径 約16cm/高台径 約6cm
共箱付

口辺に6か所、2〜3ミリ程度の直しがあります。状態は写真でご確認ください。

朝日焼は、お茶の産地として知られる京都府宇治市で製作される陶器の総称です。 江戸時代初期、小堀遠州の指導によって作陶され「遠州七窯」の一つに数えられています。 江戸時代中期、一時的に朝日焼は衰退しましたが、煎茶の流行と共に復興して現在に至っています。 本品は幕末から明治時代初期に作られた百合形小鉢。 煎茶の産地だけあって、繊細で洗練された作品に仕上げられています。雅味のある小鉢です。懐石料理の器などにご使用ください。










上へ戻る     閉じる