阿漕焼 盛絵 雀文皿
(明治時代 19世紀後半)

商品番号 1098_akogi
送料込み 7,000円

口径 約18.5cm/高さ 約5.5cm/高台径 約8.5cm

高台に2か所、約3cmのホツ、経年のヨゴレがあります。状態は写真でご確認ください。

阿漕焼きは三重県津市で焼かれた陶器です。色絵を得意とした万古焼の流れを汲み、藩の御用窯として活動しました。 本品は明治時代、民窯となった後に作られた色絵雀文皿。雀の部分は土を盛り上げる「盛絵」という技法を使って作られています。 京焼や九谷焼とは違う素朴な雰囲気を持った、地方窯独特の作品。菓子器、料理の盛皿としてお楽しみください。






上へ戻る     閉じる