(江戸時代中期 18世紀前半)

商品番号 1055
送料込み 18,000円

口径 約9.4cm/高さ 約6.5cm/高台径 約6.5cm

完品。窯傷や染付の一部に釉流れ、若干の歪みが見られますが、状態の良い向付です。状態は写真でご確認ください。

享保時代、伊万里焼は国内向けに多くの高級品を販売しました。そのような伊万里焼は庶民にとっては高根の花だったようです。 本品は18世紀前半、国内向けに作られたそば猪口型向付です。呉須の発色が美しいので、当時の最高級の呉須を使用して製作されたことがわかります。 このような向付に酒の当ての膾などを入れると、酒宴も華やかな気分になると思います。お正月に使ってお楽しみください。









上へ戻る     閉じる