blog   2018年1月

李朝 堅手 小徳利
[2018/01/28]

先週の22日(火曜日)の昼頃から日本列島に雪が降り始め、一夜明けた23日(水曜日)朝、東京は20センチの積雪となりました。 いつもと様子が違って毎朝、−0℃になるので、路面が凍りついてなかなか雪が解けません。このような時は夕方、家に帰るとホッとします。 帰宅後は風呂に入るか、ちょっと熱燗をひっかけるか。 「あなた、食事にします、お風呂にします」という昔風のドラマのような光景が展開されます。
写真は李朝の堅手白磁徳利。120tしか入らないのですが、歳を重ねた身には、これくらいが丁度よい。 最近は暖房が完備されているので、熱燗を少し飲んだだけでも身体が温まります。 お酒を飲むのにも体力が必要だということを感じるこの頃、二日酔いもしなくなったのですが、ちょっと寂しい気がします。 酒量が減ると同時に身体も小さくなっていくのですかね……。身の丈に合う小さな徳利です。

高さ 約10.5cm/胴径 約8cm

御売約、ありがとうございました

瀬戸焼 笹文 六寸皿
[2018/01/21]

天気予報を見ていると明日から1週間、日本列島は大荒れの天気だそうです。東京にも10cm以上の雪が積もるという予報が出ています。 大雪が降ると、交通機関の混乱、路上での事故等、都市生活に支障がでます。雪を甘く見ずに、注意して生活してください。写真の「瀬戸焼 笹文 六寸皿」は幕末の作品です。 20世紀後半、民芸ブームが起こった頃、このような皿は高値で取引されていましたが、時代が変わり、数寄者の好みも変わると見向きもされなくなりました。 私自身、瀬戸焼の素朴さに惹かれて骨董品収集を始めたので、時代が変わっても、このような作品が大好きです。 釉ハゲの部分が降っているボタン雪のような感じがして、俳句のような味わいがあります。そこで一句、ご紹介。
「さらさらと 竹に音あり 夜の雪」
正岡子規の俳句です。この皿を見ていると、雪深い地方に思いをはせることができます。想像力を刺激してくれる骨董品が良品です。

口径 約18.5cm/高さ 約3.5cm

御売約、ありがとうございました

犬山焼 色絵花鳥文 なます皿5枚
鹿背山焼 おたふく文 三つ丼  
[2018/01/14]

骨董屋をやっていると仕入れや販売のタイミングを逃すことがあります。お正月用の商品を年末に販売したいなと思っていても、そのような時に季節にマッチした商品に巡り合わない。 多くの業者が同時期に季節商品を同時に探すので、在庫も品薄になるのです。写真は「犬山焼 色絵花鳥文 なます皿5枚」。これは、お正月が終わって仕入れた商品です。 犬山焼の中でも赤絵の磁器はとても珍しく、見た瞬間、「これ、お正月に使えたら楽しかっただろうな」と思いました。 このような商品はいつ仕入れても嬉しいのですが、季節が合えば、なおさら嬉しかったはずです。 懐石や茶道具に使える赤絵のなます皿。伊万里焼とは違った味わいがります。さすが茶道の盛んな尾張。

御売約、ありがとうございました

犬山市・待庵
口径 約14.5cm/高さ 約3.5cmm


もう一つ、今回アップするのは「鹿背山焼 おたふく文 三つ丼」。これも観た瞬間、珍しいなと感じた商品です。 犬山焼は愛知県犬山、鹿背山焼は京都府木津川市、どちらも地方都市ですが、独特の文化を持った地域(犬山には国宝の茶室・待庵があるくらい茶道の盛んな土地、 鹿背山は古代の歌枕にもなっている山)です。 赤絵なのでお正月だけでなく、冬の間、使えます。一方、おたふくの三つ丼は節分や節句向き。季節商品や地方色豊かな食器を使うのが骨董の楽しみの一つですね。

鹿背山城址
(大)口径 約24.8cm/高さ 約11cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


第44回・骨董講座「古美術と社会学C 伊万里焼の図像学」が終了しました。 
[2018/01/06]

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
1月6日(土)、本年初の骨董講座を行いました。内容は「伊万里焼の図像学」。日本人の吉祥文に対する感性が古美術を通してどのように浸透していったかの話をしました。 江戸時代、伊万里焼を通して日本中に拡散した吉祥文は、無意識のうちに日本人に豊穣をもたらしたはずです。 最近はミニマリズムの流行で白磁などの皿が主流となっていますが、たまには東洋的な感性で彩られた伊万里焼の食器を使用してみてはいかがでしょう。 縁起のよい食器を使うと、生活に潤いが出るのは間違いありません。忘れがちな感性を古美術との交流でよみがえらせるのは楽しいですね。
次回は、「日本の平面的媒体の歴史と現代人の感性」。日本人の平面的感性がどのように変遷してきたかお話します。お楽しみに。

骨董講座の内容はこちらからこちらから

骨董講座に興味のある方はこちらから


上へ戻る