blog

朝一圭鳳・浦田広香 秋図 軸 
[2018/11/18]

秋もだんだんと深まっているようです。吉祥寺にある井の頭公園を歩くと所々の木が色づいてますが、東京では紅葉の真っ盛りにはもう少し時間がかかりそうです。 写真の軸は秋の峡谷を描いた2題。 作者は山形市で大正から昭和時代に活躍した画家、朝一圭鳳と大正から昭和時代前期に帝展で活躍した浦田広香(1880年頃〜1956年、熊本生)。 2人は東北と九州の日本画家ですが、違う作家の軸を2本並べても違和感がないのは日本画家の秋に対する感性が同じだからでしょうか。 2本を一緒に床の間に飾ると、1本飾るのとは違った相乗効果であり、床の間に深山の秋の世界が広がります。 これらの軸を見ていると、実際に山に入らなくても紅葉を十分楽しむことができます。 世界に入り込むことができる軸が良い軸なのでしょう。作家の感性の中に秋が潜んでいるのですね。

御売約、ありがとうございました

秦 加彩 三足鼎
[2018/11/11]

少しづつ秋も深まり、北日本では紅葉の見ごろになっているようです。秋の公園の落ち葉の上を歩くとカサカサと音がします。 季節が変わると収取した骨董品の衣替えの季節。明るい物よりも枯れた感じの骨董が秋には似合います。 写真の作品は中国、秦時代の加彩三足鼎。発掘品なので土が付着し、乾いた感じがします。 表面に塗られた朱もどこか秋を感じさせてくれる渋めの作品です。 ところで30年前、仙遊洞は中国古陶磁の専門店でした。 改革開放が始まった1990年前後は香港に行けば今から思うとお宝がいっぱい、夢のような時代でした。 あれが中国古陶磁の収集期間の春ならば、品薄になった現在はコレクターにとっては秋の季節。 オークションには偽物ばかりが目立つようになり、なかなか本物に出合う機会も減りました。 それでもまめに探せば、まだ考古品の面白い物に出合えます。写真の鼎もその一つ。偽物の落ち葉の中から拾った作品です。 30年、中国物を扱っていて、この手の作品に出合ったのは初めてだったので嬉しかった! 自分の好きな品物に出合えた時の感動が古美術品収集の楽しみです。

高さ 約10.5cm/胴径 約17.5cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


第52回・骨董講座「キルト、パッチワーク、手仕事」が終了しました。
[2018/11/03]

西荻ワークショップ・アートウィーク中の骨董講座「キルト、パッチワーク、手仕事」が終了しました。 内容は日本人がどのように糸や布に関わってきたか、歴史と古美術との関係を踏まえながら話を進めました。 湿度の高い日本列島においては自然と一体化した通気性の高い衣服(織物)が好まれたようです。 骨董講座が終わった後、毎年11月に善福寺公園で行われている美術展「トロールの森」見学へ受講生の皆さんと一緒に行きました。 古美術とは違うジャンルの現代美術ですが、新旧に関わらず西荻アートの一端に触れられたと思います。その後、みんなで久しぶりの飲み会へ。 古美術趣味がある人と飲むお酒の味は格別です。骨董講座へ参加された受講生の皆様、お疲れさまでした。 次回の骨董講座はアンコール講座「漆器」についてお話いたします。お楽しみに。

骨董講座の内容はこちらから

骨董講座に興味のある方はこちらから


雲南 猿の面
[2018/10/28]

今年の夏は暑さと雨による水害の多い年でした。10月に入っても暖かい日が続きますが、今月は大きな災害がなかったので平穏な月となりました。 陰陽五行説では、馬は火、猿は水に相当します。猿は火災や病気を守る、インドや東アジアで神獣と信仰の対象となっています。 日本の童話に「桃太郎」があります。桃太郎の家来は猿、犬、雉です。この話には象徴的な意味が隠されています。 猿は火葬、犬は土葬、雉は鳥葬を表す獣です。「桃太郎はこれら3匹の神獣を連れて、鬼ヶ島(あの世)に乗り込み、災害や病気を蔓延させる鬼を退治するという話です。 現代社会で猿や雉は動物園にいるもの、犬はペットとなってしまいましたが、桃太郎が創作された時代にはまだ3匹の獣は霊的な力を持つ神獣だったのでしょう。 写真は雲南地方で作られた猿の仮面です。雲南は東アジアとインドの中間に位置する地域。この辺りの猿信仰は孫悟空とハヌマーンが混ざり合っているのでしょうか。 いずれにせよ。猿は魔よけの動物。観葉植物と一緒にこの猿面をインテリアで飾ると魔も退散しそうです。

長さ 約31cm/横幅 約20.3cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


仙遊洞「骨董講座」のユーチューブ映像
[2018/10/21]

先週半ば、大学に通っている息子がゼミ活動「西荻ワークショップ・アートマップ」の一環として仙遊洞のユーチューブ映像を製作してくれました。 これまでどのように自分が骨董講座を行っていたのか見たことがなかったので、映像を見て、いくつかの点に気づきました。 一番、ショックだったのは東京に来て40年なのに、いまだに広島弁が抜けていないことに気づいたことです。これまで標準語で話をしていたつもりだったのに。 映像に写る自分の姿は何度か見たことはあるのですが、広島弁丸出しの状態で3時間も骨董の話をしていたと思うと……。 受講生の皆様にこのことを話すと「広島弁の骨董講座、味があって面白じゃない」と慰めてくれます。皆さん、優しい。 少しショックを受けていますが、いまさら変えられるわけがないので、これからも広島弁の骨董講座を続けていきたいと思います。 仙遊洞「骨董講座」のユーチューブに関心がある方は、下記をクリックしてください。私の広島弁の骨董講座の様子がわかると思います。よろしくお願いいたします。

仙遊洞「骨董講座」のユーチューブ映像は、こちらから


柿右衛門 白磁 陽刻山水人物文 なます皿
[2018/10/13]

仙遊洞の近くに東京女子大があり、哲学科にカント哲学の専門家・黒崎政男教授がいらっしゃいます。 黒崎先生はNHKの「サイエンスゼロ」に出演したり、自分の専門分野とは違う分野の著作がある多芸多趣味な哲学者。 仙遊洞の開店当時からの常連客で、大学の授業の合間、時々、当店に寄ってくれます。 先日、大学の後期授業が始まったので来店、この時、写真の柿右衛門を購入してくださいました。 面白いのは、この作品をネタに自分のブログに文章を書いていることです。 先生は高校の教科書にも文書が掲載されている文章の達人。その方が我が店の商品について書いてくれるのはうれしい。 興味のある方は黒崎先生のブログ「KUROのブログ」https://blogs.yahoo.co.jp/swc903neko、9月25日分を読んでください。 先生の他の文章も面白いですよ。

口径 約15.5cm/高さ 約3.6cm

御売約、ありがとうございました

第51回・骨董講座「古美術と現代メディア、GAFA」が終了しました。
[2018/10/06]

2018年度の最初の骨董講座、「古美術と現代メディア、GAFA」が終了しました。 内容は現在、どのような形でパソコン、スマホを利用して取引が行われているかの「1、メルカリとフェイスブック」、「2、マスメディアと情報取得、個人的価値観」、アメリカナイズされている日本人の「3、ちぐはぐな日本人の価値観」、果たしてアメリカ型文化が日本人に適応できるのかどうか?  IТ、SNSが社会に多大な影響を及ぼすというのは本当かどうか。 現代メディアと古美術の関係を考察して話そうとしたのですが、この日の体調不良と広範囲な題材の難しさから、いささかまとまりのない骨董講座になってしまいました。 無謀な試みで講座が崩壊してしまって、受講生の皆様を戸惑わせたことを反省しています。次回は「キルト、手仕事」。 題材を絞って話をするので、今回のようにまとまりのない講座にはなりません。お楽しみに。

骨董講座の内容はこちらから

骨董講座に興味のある方はこちらから


藍九谷 陽刻 山水文 五寸皿
[2018/09/30]

久しぶりに藍九谷の小皿を仕入れました。個人的には藍九谷よりも藍柿右衛門の作品の方が好きなのですが、この小皿に関しては強くひきつけられて購入した次第です。 伊万里焼の魅力は時期の肌合い(松竹梅の陽刻の抜きも良い)、藍の色、図柄の良さですが、この小皿は三拍子そろっています。 小さいのに存在感があり、それが写真では伝わらないのが残念です。店の棚に飾ってあるのですが、17世紀中頃の雰囲気がとてもよく出ている。 時代は安定期を迎えた江戸前期、日本人の生活も安定し、工芸にも力を注げるようになったのでしょう。 戦争よりも物づくりに励む方が日本人は幸せ。藍九谷の美しさは日本人の和風の感性を十分に表現する作品となっています。

口径 約14.2cm/高さ 約2cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


小杉焼展 射水市小杉展示館 (2018年9月20日〜10月8日)
[2018/09/23]

今年の6月、仙遊洞のホームページ通信販売欄にアップして越中瀬戸の鴨徳利1対が売れました。 購入してくださった方は射水市の小杉焼窯があった地域に住む方です。 その方から越中瀬戸焼の鴨徳利を購入してくださった後、「越中瀬戸の鴨徳利は名品でした」という丁寧なお礼やメールをいただき鴨徳利に関して貴重なお話を聞かせていただきました。 あれから3か月後、店宛てに小杉焼展(射水市小杉展示館)のチラシや「ひょうたんからかも越中小杉焼」の冊子が届きました。 同封の冊子は小杉焼の研究をするには貴重な資料です。
古美術商、通信販売をしていると全国各地のコレクターと出会うことができ、貴重な意見を聞くことができます。これぞ、古美術商の冥利につきると言ったところでしょうか。 それにしても地方窯の収集や研究、本当に楽しいですね。 射水市周辺にお住いの方、興味があれば「小杉焼展」に行ってみてください。


西荻ワークショップ・アートマップ
[2018/09/16]

仙遊洞は5月から「西荻ワークショップ・アートマップ」の製作を始めました。 最初にアンケート調査を行い参加希望の店舗を募集し、7月からマップデザインを作成、記事原稿の入稿を行い、先週、マップが完成しました。 私が西荻に来て30年、ここまでよくやってきたと思い、「西荻ワークショップ・アートマップ」の製作を思い立ちました。 製作に4か月もかかり多くの時間と労力を費やしたのですが、完成したマップを見ると感慨もひとしおです。 辛いこともあったのですが、協力してくださった店舗の方々の助力でマップを完成させることができました。 実際にマップを作って見ると西荻が面白い街であることが再発見できました。
ところで製作期間、通信販売欄にアップする商品数が減ったり、店の休日が増えたり、お客様に御迷惑をかけてしまいました。 お詫び申し上げます。11月初旬には「西荻ワークショップ・アートウィーク」が開催されます。秋日和、西荻においで下さいませ。
また、「西荻ワークショップ・アートマップ」を見かけたら、古美術仙遊洞を思い出してください。よろしくお願いいたします。
ホームページアドレス(nishiogi-ws-art.jimdofree.com)か「西荻ワークショップ・アートマップ」を入力すると「西荻ワークショップ・アートマップ」ホームページ、ユーチューブを見ることができます。


砥部焼 北川毛窯 土灰釉 徳利
[2018/09/09]

9月9日は「重陽の節句」ですが、また暑い日が続いています。先週は台風21号が関西に上陸し、神戸や大阪に甚大な被害を及ぼしました。 大変だなと思ったのもつかの間、今度は北海道南西部で震度7の地震、日本列島は踏んだり蹴ったりの状況となりました。 思い起こせば7月の猛暑、西日本豪雨から今まで自然災害の脅威を思い知らせれる夏でした。
写真は砥部焼北川毛窯の徳利。19世紀初頭、磁器製法が日本各地に広まる前の作品です。 この徳利を見ているとまだ日本に地方があった時代を思い起こさせます。この徳利は伊万里焼というよりは小鹿田焼、小石原焼民芸に似ている。 温かい李朝の徳利のふくらみも感じさせてくれます。 砥部焼は西日本豪雨に遭った愛媛県にある窯ですが、昔の人は自然災害に遭ったとしても、このような徳利の温かさを感じて生きる勇気を取り戻したのかもしれません。 この夏は大変でしたが、自然災害は常に日本人と共にあります。災害に遭われた地方の方、これからも再生への希望を持って生きてください。

高さ 約28.5cm/胴径 約21.5cm

御売約、ありがとうございました

藍柿右衛門 ナスビ花唐草文 向付
[2018/09/02]

最近、西荻はアンティークな町というよりも、おしゃれな雑貨の町として認識されつつあります。 「住みたい町ランキング」では神楽坂(90位)の上を行く89位。私としてはいつから西荻がそのように認識されるようになったの不明です。 どちらかというと年配の私は、若者の軽い感じを好む雑貨感覚は、デザインがどれも近代アートのコピーに見えてしまうのでちょっと苦手。 写真のような藍柿右衛門の作品に出合ってしまうと「やっぱり、美術品は良いな」と感じ、おしゃれな感覚など、どうでもよくなってしまいます。
趣味の問題と言えばそれまでですが、私は西荻がおしゃれな町に変身するよりもアンティークな大人の町でいてほしい。 「このような食器を使うのは爺臭い」と言われても、やっぱり私はこっちです。何せ私自身がアンティークの領域に入っているのですから……。 ところで、本品の絵付けはナスビですが、季節的にはサンマの焼きナスの季節。食欲がぐっと増しそう!

口径 約14.5cm/高さ 約5.3cm

御売約、ありがとうございました

金彩 狩猟文 面取 アンティークグラス
[2018/08/26]

NHK大河ドラマの定番は安土桃山時代か幕末。今年の大河ドラマの「西郷どん」も幕末、明治維新を題材にしています。 幕末のドラマを見ていると徳川慶喜などがワイングラスを使用してワインを飲むシーンが出てきます。 幕末にワインは意外ですが、幕府はフランスと軍事的に提携していたのでフレンチワインが日本に持ち込まれ、将軍がそれを飲んでいても不思議はありません。 一方、幕府と敵対した長州や薩摩はイギリスと秘密裏に軍事同盟を結んでいました。写真のグラスはウイスキー用のロックグラス。 イギリスと言えばスコッチウイスキーが有名ですが、この時代のスコッチウイスキーはモルトとグレンをブレンドしたブレンデッドウイスキー。 当時のイギリス人はこのようなグラスでウイスキーを楽しんでいたのでしょう。ところで、このグラスには犬を連れて狩猟をする人物が描かれています。 幕末、狩猟をしていた有名人と言えば西郷隆盛。大河ドラマもこれから佳境に入ります。ロックグラスを片手に当時に思いを馳せながらドラマを見るのも一興でしょう。

口径 約7.8cm/高さ 約9cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


伊万里焼 菊水文 なます皿5枚
[2018/08/19]

先日、会津若松に旅行に行きました。会津は幕末、尊王思想で京都守護を担った藩です。 明治時代になると朝敵として官軍に攻められ大敗を決します。会津から帰った8月15日の終戦記念日、映画「日本で一番長い日」を見ました。
映画を見ていると会津戦争と終戦記念日が重なって見えます。どちらも主君を守ろうとして犠牲が拡大する。 昔、NHK大河ドラマ「八重の桜」を見た時、主君を守ろうとする忠義を課題に美化して違和感を覚えたことを覚えています。 忠義の美名のもと、犠牲になるのはいつも庶民。良いことではありません。写真は化政時代の菊水文なます皿。 化政文化といえば庶民文化が爛熟した文化の時代、日本人は政権争いよりも文化に目を向けていました。 鳥羽伏見の戦いの時、効力を発した錦旗に描かれていた菊水を化政時代は食器の模様として使用していたのですね。それを不敬だというのは野暮でしょう。

口径 約14.5cm/高さ 約4.5cm

御売約、ありがとうございました

李朝 灰釉 台鉢
[2018/08/12]

8月11日(土)からお盆の帰省が始まり、鉄道・道路が渋滞しています。お盆は真夏の盛りを象徴する各地方で行われるいろいろな祭事。 日本では平安時代、霊を鎮める「御霊会」がもととなり、時代と共に現在のようなお盆として定着しました。 現在では京都で行われる祇園会や送り火、各地方の盆踊り、花火大会は夏の風物詩となっています。
写真は祖先を祀る時など祭器に使用される李朝の台鉢。李朝の人たちはこのような祭器に食物を盛って祖先に捧げました。 日本でも仏教などで祀った食物をいただく「おさがり」という風習があります。 一般的に東洋人は亡くなった人も生きている人と一緒に食事ができる考えているようですが、他方、神道のように「他人が使用した物は不浄なので使用しない」という考え方もあります。

これまで多神教的な日本人は過去は仏教的思想(お盆)、未来は神道的思想(お正月)をうまく利用し、そのバランスの中で生きてきました。 しかし、最近の日本人はグローバル化や個人主義が進み、民族性が薄れつつあるような、過去や未来に対する感性が必要以上に現在の生活感の前に消滅しているような感じがあります。 スマホ優先の日本人は、もう古い美術品が必要ない時代となったのでしょうか?

高さ 約10cm/口径 約9.8cm

商品の購入をご希望の方はこちらから


小畑焼 徳利
[2018/08/05]

先週、通信販売欄にアップしていた高取焼の竹節徳利が、来店されたお客様に売れました。 ちょうど、その時、この小畑焼、瀬戸高田の徳利があったのですが、3本の徳利を並べると、単品で見る時とは違う雰囲気が出ます。
それを眺めながら、
「産地が違うけれど、並べていると時代の雰囲気を感じることができますね。」
「並べると骨董品というよりは美術品の感じになる。」
「モランディが描いた瓶群の作品みたい。」
「モランディというよりは山口長男の油絵に雰囲気が似ていませんか?」
「色合いがね。山口長男の作品は高くて買えないけれど、徳利3本で、その雰囲気を味わえるのだから骨董品は安いですね。」
と、お客様と会話。 美術に造詣の深いお客様と骨董品を通して会話すると、今まで気づかなかったことを発見することができます。 本当はお客様に一緒に徳利を所有してほしかったのですが、徳利は別々のお客様の所に行きました。 つかの間の美でしたが、3本の徳利から感じることができた面白い時間でした。

高さ 約23cm/胴径 約17cm

御売約、ありがとうございました

モランディ

山口長男の皿

上へ戻る